初めてでも安心!夜行バス厳選6社

夜行バスの情報収集も大事です

高速バスは料金が安いイメージを持つ方も多いですが、それだけではなく、快適に移動できたり利便性の高いサービスもあります。仕事帰りでも旅行に出かける際など、夜行バスで対応することもできるため、注目することも大切なポイントです。

夜行バスの比較をすると、料金が安く抑えられているところを見つけることもできるため、情報を集めていくことは重要です。インターネットでもバスの予約ができるなど、利便性の高いサービスを見つけることもできるので、便利なサービスを利用することを考えた比較も大切です。

当サイトでは、夜行バスのこだわりや料金に関することなど、知りたい情報をたくさん発信しています。インターネットでバスの予約をすることもできるため、便利なサービスを中心にたくさんの情報を発信していき、普段バスを利用する方も新たな発見ができるようになります。

VIP LINER

公式サイトはコチラ

1992年に開業した株式会社平成エンタープライズは埼玉県志木市に本社があり、本社以外に12の営業所を持つ会社です。その会社は夜行バスを含めた高速バスの予約受付を行っていて、対象路線は関東と東海と北陸と関西の相互間となっています。

バスの予約受付を行う運営サイトはVIP LINERと名乗っていて、ここではいろんな視点でバスを比較して探すことができます。バスといっても座席はいろいろあり、単に列数以外にも座席自体がスタンダードなものから電動バックシェルなどを選択可能です。

このサイトの外なる特徴は万が一遅延した場合は返金はありませんが、30分以上遅れた場合には遅延証明書をサイトから取得することができます。また無料会員登録をしてTポイントで申請をすると後日にポイントが付与されるようになっています。

POINT

座席の種類自体で選ぶことができる
遅延証明書をサイトから取得可能
Tポイントの申請でポイントを貯められる

リンクオブマインド株式会社

公式サイトはコチラ

バスや航空機の乗り物を利用するための比較サイトを運営しているリンクオブマインド株式会社は、大阪市の北区に本社があります。会社は本社以外では札幌にもオフィスがあります。なお営業時間は平日は9時から18時で、土曜日は9時から17時となっていて、日曜日と祝日は定休日扱いです。

具体的な事業内容では、高速バスや夜行バスを対象としたバスブックマークと、格安航空券などを対象としたエアブックマークなどの様々な選び方ができる比較サイトを運営しています。しかし、比較サイトでは単にバスや航空機の値段などを比較しているだけではなくて、サイトから予約受付も行っています。

さらに会社では比較サイトの運営以外にも北海道や沖縄などへ行くためのスキーツアーやダイビングツアー、インターネットツアーといった企画ツアーの開催、他にも国内宿泊などの手配や販売なども行っています。そして損害保険会社の委託契約も行っています。

バスブックマーク

POINT

バスや航空券などの比較サイトを運営している
Chubb損害保険株式会社の委託契約をしている
比較サイトの運営だけでなくツアーの企画や予約受付も可能

オリオンツアー

公式サイトはコチラ

オリオンツアーは夜行バスや飛行機での観光を紹介することで有名ですが、国内格安旅行というキーワードで有名になっています。国内を専門的に案内しているため、格安で案内できます。テーマパークに集中的な観光プランも用意されています。

元々格安で利用できることで人気を博しているオリオンツアーですが、学生限定のサービスとして学割も用意されています。様々な条件でその学割を利用することができるので、利口に使うことで今まで以上に安く利用できます。

学割のサービスの他にも学生への恩恵があり、それは学生旅行や卒業旅行キャンペーンです。卒業シーズンになると活発になるキャンペーンですが、学生旅行という卒業とは別のプランも用意されています。

POINT

オリオンツアーは業界内でも格安で有名
学割を利用すればより安く利用できる
学生専用の旅行コースが設けられている

skyticket

公式サイトはコチラ

skyticketはリーズナブルな料金で対応しているので、全国各地に夜行バスで訪れることができます。とても数多くのアメニティーグッズが用意されているので、女性にとっては快適な空間で目的地まで向かうことができます。

さまざまな地域へ出発する夜行バスだけではなく、レンタカー情報や宿泊と夜行バスのパック等の発売もしています。自分の旅にぴったりとあったものを購入できます。24時間いつでも予約できる点が大きな魅力と言えるでしょう。

最新の格安航空券料金を常にチェックすることができるようになっています。また、実際に利用したお客さんからの口コミ情報もここでチェックできるので、評判が手に取るようにわかります。

夜行バスをお探しならskyticket

POINT

全国の夜行バスの情報が瞬時にチェックできる
夜行バスだけではなくレンタカー等の情報も得られる
リーズナブルな料金でチケットを購入できる

ミルキーウェイエクスプレス

公式サイトはコチラ

夜行バスを予約できるサイトはたくさんありますが、そのなかでチケットレスで予約しているのはミルキーウェイエクスプレスです。埼玉県の越谷市に本社がある株式会社旅クラブジャパンが運営しています。

電話での問い合わせ対応可能な時間帯は平日は9時から18時まで、土日祝日は13時から18時までとなっています。しかしこのサイトでは、電話で問い合わせはできるものの予約受付はやっておらず、すべてインターネットサイトで済ませる必要があります。なお予約するときには入金をもって予約完了となりますが、支払い方法はクレジットカードかコンビニ事前決済、Pay-easyかネットバンクで支払う必要があります。この際にサイトの会員登録はしてもしなくても構いません。

このサイトの特徴の1つは予約する場合には乗車券の発行がないことです。その代わりに乗車前には領収書またはネットで出てきた確認用のメールを印刷するかメモするかして乗務員などへ見せることで乗車可能になります。ちなみに入金が遅れるとキャンセル扱いになりますし、コンビニで返金を要求するときは500円の手数料が差し引かれることになります。

「ミルキーウェイエクスプレス」高速バス予約プロモーション

POINT

サイトの会員登録をしてもしなくても予約可能
チケットレスで乗車予約できる
クレジットカードとコンビニとネットバンクでの支払い可能

バス市場

公式サイトはコチラ

女性一人の夜行バス利用は隣の席に誰が座るのかが不安になり、利用をためらう方も多いのではないでしょうか。しかしバス市場なら女性専用エリアを設けており、必ず女性の隣には女性が座るように指定します。女性が安心して夜行バスを利用することができます。

バス市場は全国各地から東京ディズニーランドへの夜行バスを発着させています。夜行バスなので滞在時間をしっかり確保でき、時間を有効活用できます。ツアータイプも、パークチケット付きプランや宿泊付き、夜行バスの片道利用のみと様々に用意しているので自分に合った利用ができます。

夜行バスを利用したいけれど、トイレの場所や休憩時間など分からなくて不安な方は多いのではないでしょうか。バス市場はLINEで質問に答えるサービスを行っています。電話で直接聞くのはハードルが高いですが、LINEで気軽に悩みを解決できます。

POINT

女性が一人で利用しても隣の席に女性が座るように指定してくれるので安心できる
東京ディズニーランドへは様々なプランが用意されていて、自分に合った利用が可能
分からないことはLINEで質問することができる

夜行バス利用は入念な下調べとご準備を

夜行バスは夜を徹して朝まで運行されるバスのことです。このバスのほとんどはどこかの高速道路を走行して都市間を運行することが多く、一般道だけで運行されるバスはほとんどありません。夜行バスは今では全国各地で多くの路線が運行されていますが、発展してきた背景の1つは高速道路が次々と延伸してきたことです。もう1つは夜行列車が採算や寝台車などの老朽化が理由でほとんど撤退したことも挙げられます。というのはバスは数十人程度の少人数利用でも採算がとりやすいのに対して、鉄道は1両だけの連結では採算が成り立たず、何百人どころか1,000人以上の大輸送で初めて採算が成り立つからです。そんな夜行バスですが、今ではバスはいろんな種類が登場してきています。標準的なのは4列タイプですが、後年になってくると2列プラス1列の3列タイプが登場してきました。

さらに後年になると1列が3つ並んだ3列独立タイプ、そして1列が2つ並んだだけの2列タイプも登場するなど一部では価格の安さとは対照的に豪華高価指向なバスも登場しています。なお現在はバスの種類は座席の列数だけでは区別することはできなくなっています。座席自体も座席数や列数が少なくなるほど余裕がもてるようになるため、徐々に寝台に近い居住性の高い座席も登場してきています。そして車内にトイレが付いているかいないかも重要な選択肢の1つになっています。ただいずれにしても、夜行バスは高速道路を走行するために全車指定席となりますので、事前予約が必要です。事前予約は運転開始の約2時間そこら前までに済ませる必要があります。その予約をする場合は、インターネット検索で調べることができます。

これでバスの種類と価格を調べられますが、価格は利用日やシーズンや曜日次第で、まるでホテルや航空機のように変化してきます。一方でバスの種類は運行区間次第で決まります。東京から大阪のような大都会と大都会のような需要の多い区間だとバスの回数だけでなくて座席などの種類も多様に変化しますが、需要の少ない区間となると回数も1日1回だけとなり、バスの座席も4列標準タイプだけといった感じで他の種類を選ぶことができなくなったりします。これら夜行バスの特徴は、路線バスと違って毎日のように通勤や通学のために利用されない非日常な乗り物なので、採算が悪化したら容赦なく撤退しやすいことです。なので10年後も運転されてる保証はありません。他に注意する点は道路走行なので定時から20分や30分くらいは遅れやすいことは日常茶飯事なので時間的余裕を見込んでおくことです。

カテゴリー