痛んできたので、墓石を建て直したいけれどどういう風にしていいか分からないという方も大勢いると思います。それぞれの墓石の様子で墓石のメンテナンスだけで収まることもあり、それに建て替えた方が絶対に良いということもあります。とりあえず墓石店などに連絡して、どちらがいいのかを相談して下さい。
情報収集が墓石選びの成功の鍵になります。現在はありがたくも豊富に業界情報が出ています。インターネットをチェックすれば本当に多彩な業界情報にアクセスができるため、事前の情報収集の作業が非常に重要になります。完全無料のカタログなども集めてみるといいです。
一般的には和型の墓石が大き目に造られていて、洋型のものが小さくなっています。しかし墓石はオーダーメイドで造ることができるので、それぞれが希望の大きさに出来、大きくしようと考えると相当大き目に造り上げることが可能になります。もちろんサイズを大きくすればそれだけ価格も上がることになるので、そこは注意しておくといいでしょう。
お墓の補修工事にはお金がかかります。墓石が傾斜して倒れそうになっている場合は、補修の作業が必要になっています。万が一土台まで傾いている状況では、補修に100万以上必要になります。大柄な墓石であるほど20年くらいでその手の補修が必要になってきます。計算に入れておいて損はありません。

親御さんが他界した時には財産が残っていると相続することが必要だということなのは言うまでもありませんが、親から受け継ぐ墓石には相続税というものはかからないことになっています。なので特にやることというのはないのですが、霊園など墓所があるところには今後引き継ぐということを忘れないで伝えるようにしなければいけないのです。
たまに回収したお墓の墓を山野に投棄して法律違反で逮捕される業者が存在します。この手の回収業者は話になりませんが、一般的に不必要になったお墓の石は、専門の業者が回収し、木っ端みじんにして地盤材などに再活用します。言うまでもなく引き取る前は死者の魂を抜き取る儀式がとり行われるので、呪いなどは心配ないです。

好きな墓石を選択するだけではなく、耐震のこともきちんと頭に入れて墓石を購入するようにしなくてはいけません。それぞれの業者で基礎工事のやり方が違っているので、確実に地震対策がとれるところに頼むようにするのは一番大事な業者を決めるポイントです。安いからという理由のみでは選ばないようにしましょう。
普通は二男より下は墓石を自ら用意しなければいけません。結局大半の方がお墓に関する素人にすぎないので、さまざまな失敗を犯してしまいがちです。例えばお墓を選んで、そのお墓に自分の見つけてきた墓石業者を使い墓石を作ろうとして拒否されたなど、さまざまなトラブルが生じます。困ってしまったらその道のプロに相談をした方がいいです。