初めてでも安心!夜行バス厳選6社

top > 夜行バスついて > 選択肢が多様化する夜行バスの魅力

選択肢が多様化する夜行バスの魅力

 ほんの10年ほど前までは、夜行バスと言えば4列シートの狭いバスが一般的でした。
異性と隣同士になってしまうこともあり、女性にとっては夜にバスで移動をすることに不安を覚えたという人も少なくなかったといいます。
しかしながら、ここ10年ほどで夜行バスは進化を遂げ、多様化してきました。
これも乗客のニーズに幅広く答えようとするバス会社の企業努力が生み出したサービスと言えるのです。
まず、夜行バスは狭いという古い固定観念が覆されました。
夜行バスは3列シートや2列シートが登場し、ゆったりと足を伸ばし、リクライニングを思う存分倒してリラックスして乗車することができるようになったのです。
10年前の夜行バスの環境を知っている人にとっては、3列シートや2列シートが登場したことは画期的だと言えます。

 次に、夜行バスの料金もニーズに合わせて選べるようになりました。
かつては、夜行バスと言えば安かろう悪かろうというのが当たり前でしたが、料金は高くても快適な夜間移動をしたいというニーズに応えるべく、ラグジュアリーな夜行バスが登場したのです。
2列シートでそれぞれが個室になっており、最大145度までリクライニングをすることができるようになっています。
日本の法律では180度のリクライニングはできないですが、周囲を気にすること無く最大限まで座席を倒すことができるので、疲れること無く夜行バスで移動することができます。
ラグジュアリーな夜行バスではミネラルウォーターが提供されたり、個室に空調が就いていたりとイタレリツクセリです。
料金は高くとも快適さが利用者に好評となっています。

 夜行バスには、女性専用車両が登場しました。
乗客は女性だけであり、3列シートなので見ず知らずの誰かと席が隣になる心配もありません。
バスによっては、座席一つ一つにカーテンが取り付けられていて、プライベートスペースになるように仕切る事ができるようになっています。
女性専用車両の登場により、今までバス会社や乗客の悩みの種であった隣の席の乗客とのトラブルを最大限に減らすことができるようになりました。
4列シートの格安夜行バスでも、異性と座席が隣同士にならないような細やかな配慮がなされていて、トラブル防止に一定の効果があると言われています。
このように、夜行バスにもニーズに合わせて乗客が自由に選ぶことができるようになりました。
多様なニーズに応えることができるようになっています。

次の記事へ

カテゴリー